スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ホワイトニングじゃなくてブライトニング美容液 

  • 2011.09.16 (Fri) 11:29

ドクターシーラボさんの、美白美容液、スーパーホワイト377EXをリピートぉ。

ハイドロキノンの2,100倍
アルブチンの7,000倍

・・・という実験結果の美容液ホワイト377を200%も増量させたという、そりゃあ、すっばらしいホワイトニング効果!・・・らしい。。。

シミも、クマも、くすみにも働きかけ、年齢と共に均一感を失った肌トーンも明るく整える!・・・らしい。。。


そんで、前回購入した18g入り1本使い切り、その効果は・・・というと。

シミが目立たなくなった!・・・というわけではなく。

クマが薄くなった!・・・なんてこともなく。

肌がワントーン明るくなった!
・・・な~んてこともないんだよね。。。汗たら~

しかしねぇ 薬やサプリなんかもそうだけど、
飲んで急激に効く!ってものは、ありがたいんだけど、
そんだけ毒性も強いんでないのか~?

・・・って思っちゃうわたしは、地道に気長にボチボチと続けてみるわよ。
一応飽きるまで・・いつ飽きるかわかんないけど・・


前回は 18g-4,032円 のちびっコサイズの方を使ったけど、
今回は40g-7,224円 のデカサイズにしてみたよ。


倍以上入ってるのに、お値段は断然お得キラキラ


これはよろしいわねっ!と思ったのは、箱の裏側。

開くと、美容液の説明書きが印刷されてるの。

スーパーホワイト377EX

たいていは、中に説明書きの別紙が入ってるもんだよね。

紙節約のエコ対策、ほんのちょっとしたことだけど、すべての化粧品会社が、すべての商品に適用したら、結構な紙エコだわよ。



美容で「ホワイトニング」っていえば、しみやくすみを予防、回復して、お肌を白くすることを言っちゃうけど、
実は、この「ホワイトニング」って言葉は、薬事法で定められた美白有効成分が、規定量配合された「医薬部外品」にしか使えないらしいね。

だから化粧品では、容器にも箱にも説明書にも「ホワイトニング」という言葉は使えない。

そんで、ホワイトニングのかわりに、使われてる言葉が「ブライトニング」

このドクターシーラボさんの、スーパーホワイト377EXも、商品紹介では、
ブライトニング成分・・、ブライトニング美容液・・って書かれてるよ。

消費者にとっちゃどっちでもいいんだけどね。。。


ちなみにブライトは「輝く、光る、ぴかぴかする」って意味だから、

ブライトニングとは、きっとこんなイメージなんだろうね。
ブライトニング

こりゃ確かにホワイトニングとはちがうわね



ランキングに参加しています。
お手数ですがポチリとお願いします。
  ⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村
  ⇒人気ブログランキングへ ライフスタイル

関連記事

コメント

コメントの投稿















管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

この記事のトラックバックURL
http://miyachi100.blog.fc2.com/tb.php/34-09f2997f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。