月別アーカイブ

 2011年09月 

スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

脳をコントロールして病気を治す 

  • 2011.09.19 (Mon) 02:04

人の心に、何かの強いストレスがかかると、脳神経の特定の部位に損傷が発生するんだって。

そしてさらに、最近の研究では、がん患者の脳の傷と、体にできるがん細胞の間に、相関関係があるって説が発表されてるらしい。。。

心という形の無いもの・・つまり情報空間が、体という形あるもの・・つまり物理空間に影響を与えるってことだよ。

これ、脳機能学者の苫米地英人さんの超瞑想法の中での説。
超瞑想法
情報空間で精神的なストレスを受けた結果、脳神経に傷ができる・・・
その脳の部位に関係のある物理空間、体の部位にがんが発生する・・・これ論文で報告されているらしい。。。

そして、この逆もあり得る。

がん患者が、「がんが治った!」と強くイメージして、情報空間を書き換える。
それによって物理空間のがん細胞がなくなる・・・こともある。


ただ、これがすべてではないと思うよ。

情報空間にストレスを受ける以前に、外的要因によって物理空間である体に回復不能なほどのダメージを受けることもあるだろうから。。。


それでも、情報空間が物質に大きく影響を与えるってことなんだよね。

がんを含め、病気を治すのは、体の細胞だけを治すのではなく、
情報・・心の側の問題を解消することが大切だってことだ。

ちょいと前にはやった『引き寄せの法則』でも、
がんになった女性が、ひたすら「治してくれてありがとう」と言い続けて、明るく楽しいイメージを持ち続けた結果、抗がん剤などの治療をせずに、がんが治ったってお話があったよ。


しかし・・・
病気で苦しんでいるときに、治ったイメージを持ち続けるってのは、難しいことだろうな。。。汗たら~

この難しい・・・と思うことも情報だから、まず何を思うかが大事ななのはわかるけどさ・・

思えなかったら、嘘でもいいからまず言葉を変える!・・・とも言われているけどさ・・


いつも明るく元気なマクドナルドくんだって、病気になることもあるんだよ汗たら~
マクドナルド

病気になると、なぜか女の子みたいに見える↑・・のは置いとくとして・・

明るく元気なときもあるけど、そうじゃないときもある人は、もっと病気になりやすいのかなぁ汗たら~


ちなみに超瞑想法では、情報空間である心をコントロールして、物理空間を変えてしまいましょう・・・って方法が書かれてます。

できる人にはできるんだろう・・・できない人にはできないだろうけど(当たり前だ



ランキングに参加しています。
お手数ですがポチリとお願いします。
  ⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村
  ⇒人気ブログランキングへ ライフスタイル

スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。