スポンサーサイト 

  • --.--.-- (--) --:--

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ガンに勝つ生活習慣10箇条 

  • 2011.10.31 (Mon) 08:21

先日、ラクトースを購入したとき、商品と一緒に健康小冊子が送られてきた。

これが、珍しいことに、非常に読み応えのある内容なのよ!


商品と一緒に送られてくる小冊子やチラシ類といえば、たいていは、そこのお店の商品の宣伝と使用方法なんかだったりする。

一応は目を通すけど、あとは捨てるだけ。


この、健康生活研究所さんから、頂いた小冊子も、半分くらいは、商品である健康食品の紹介なんだけど、それを除いたとしても、内容的にためになることが多くて、これは捨てられんわ。

我が家の健康本コーナーに並べて置くこと決定!



この中にガンに勝つ生活習慣10箇条というのが、興味深いわよ。

1. 大腸を浄化して、便の悪臭を解消する。
2. 野菜と果物を多食する。
3. ヨーグルトを食事のつど飲む。
4. 過食しない。腹八分にとどめる。
5. 脂肪と塩を断つ。
6. 酒を断つ。
7. タバコを吸わない、
8. 毎日、1時間以上歩く。
9. 体を冷やさない。
10. 口呼吸しない。


半分は、食に関することだわね。

口に入れる物と、食べ過ぎには注意・・・これホント大事よね。

「病人を早く殺したいなら、毎日、満腹まで食わせよ」・・・なんて言葉もあるよ


ガン細胞は誰でも毎日100万個以上が生まれている。
それでも発病しないのは、ガンを撃退する、ナチュラルキラー細胞が、体の中で一生懸命働いてくれるから。

このナチュラルキラー細胞を働かせるためにも、免疫力を高めることが最も重要。

そして、ここにもやっぱり、
「ほとんどの病気は悪臭便が原因」と書かれてあるわ

大腸の毒は猛毒で、人間は下っ腹に猛毒を抱えている。

大便が放つ毒素が吸収されて、血液に入り、体のあちこちに病巣をつくる。


便の腐敗を解消して、悪臭を止めればほとんどの病気がよくなる そうで・・・。


便の腐敗と悪臭といえば・・・

お恥ずかしい話、便秘をしてるときって、オナラも便もものすごく臭い

デトックスティーを飲んで、毎日出してると、臭いがないのよね。

ため込んでいるときは、腹の中で腐って毒が発生してるんだろうな・・・ってニオイでわかるわ

免疫力を高めるためには、腸の中をキレイにしておくことは、ホント大事なのよね。


さて、ラクトースで快適お通じ計画ですが・・・

・・・まだ実行していない

結構長期間だし・・・外泊する予定もあるし・・・
計画的に・・・と考えてる間に、またダラダラしてるよ・・・

よし、今日計画表を作って、明日から始めるわっ!!



ランキングに参加しています。
お手数ですがポチリとお願いします。
  ⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村
  ⇒人気ブログランキングへ ライフスタイル



スポンサーサイト

『汚れた腸が病気をつくる』 

  • 2011.10.17 (Mon) 10:13

なにげない日常に潜む恐怖
見る者を震撼させる隠された事実
あぁ恐ろしい・・・

恐怖の根源を明らかにしたのはこれだわよ。

汚れた腸が病気をつくる
汚れた腸が病気をつくる「わたしって便秘症なのよね~」って方(わたしもそうだけど)、
この本の中に出てくる写真を見て、恐怖を感じるはず。

健康な長生きさんを目指す方にはおすすめ本だけど・・

中に直視するには堪えがたい・・・腸の中に詰まった物の写真が掲載されている。

事実を知りたい方は勇気を出して見るべし!
食事前の方は写真は見ないように!


自分の腹の中にもあるかもしれない!
きっとあるに違いないーーー!


・・・戦慄した人・・わたしだけではないはず。(たぶん


簡単に言っちゃうと、腸の中が汚いと、その汚い物を体が吸収して、多くの病気を引き起こしますよ・・・ってことだわね。

腸にため込んだ汚れを一掃して、キレイな腸に戻してやれば、多くの病気は驚くほど回復する。


これを読むと「わたしって便秘症・・」なんて簡単に言えなくなる。

出ないことが、どれほど恐いことなのか・・腸に対する認識が変わっちゃうね。

腸さん今まで軽視してごめんなさい。。。

もちろん便秘さんじゃない人も大事です。


食べ過ぎ気味の人へ!食事の量を少なくしましょう。
あなたの食事の三割は自身の体の分で、残りの七割は多くの医師の生活費と製薬業界発展のための分となっています。


・・・という警告文が耳に痛いわ


断食で腸を休ませることが大事という点は、以前読んだ
長生きしたければ朝食は抜きなさい
「空腹」療法
空腹力
と同じ。


ただね・・・「11日間排泄プログラム」ってのがあるけど、
家族がいて、料理を作って、家族と一緒に食卓につく人は、実行するのは難しい・・・

せめて、食べるものを選んで、食べ過ぎに気を付け、朝食抜きのプチ断食・・・
できることからコツコツとやっていこう。。。


食べるということは、生きるためであるはずなのに、
食べることで、病気を引き寄せて死に近づいている。

そしてメディアは、洗脳するかのように、「もっと食べる」ことを推し進める。。。

わたしは、あんまり神経質に、「これはダメ」「これはOK」と、線引きする気はない。
食べる楽しみまでなくしたくないからね。

でも、いつ、何を、どのように、どのくらい食べるか・・ってことは、楽しみながら考えていこうと思うよ。



ランキングに参加しています。
お手数ですがポチリとお願いします。
  ⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村
  ⇒人気ブログランキングへ ライフスタイル

長生きしたければ朝食は抜きなさい 

  • 2011.09.23 (Fri) 08:55

体のさまざまな不調や、恐ろしい病気は、じつは食べ過ぎが原因。
なかでも最悪なのが朝食

朝食を抜き、少食を心がけるだけで、体は健康になります!

・・・って言ってるのが、甲田光雄さんの、長生きしたければ朝食は抜きなさい
長生きしたければ朝食は抜きなさい
長生きしたーい!!

この甲田光雄先生のすごいのは、
顔や姿、手のひらを見ただけで、健康状態を言い当てるんですと。

そして、断食と生菜食による食事療法で、難病、がん、脱毛症、アレルギーなどなども治してしまう・・・らしい。


「朝食は有害物以外の何物でもない」

一日のうちで午前中は「老廃物を排泄して、胃腸をやすませるべきとき」
その時間帯に食べるということは排泄にブレーキをかける。

朝食をとる習慣を長年続けていると、排泄するべき時間帯に胃腸に余計な負担をかけ、結果的に胃腸の働きを弱め、ほかの臓器へも悪影響をおよぼし、さまざまな不調や病気をもたらす。


・・・とのこと。

朝食必要派は、摂取することの利点や重要性は強調するけど、
現代栄養学の指導どおりに食べていたら、必ず食べ過ぎになる。

前の食事で摂取したものが胃腸で消化されている間に、次の食事をとっていることになる。


当たり前のことだけど、朝食を抜いても、昼夜の量が増えたら意味がないそうです。


ただね~・・・この本には重大な欠点があって、半分ほどで読めなくなった。。。汗たら~
内容は問題ないのよ。
本の書き方なのよ。


本の内容はすべて、医学博士 甲田光雄先生の説。

でも著者は、別人で医学ジャーナリストさん。

そして、この医学ジャーナリストさんが、この説はすべて甲田博士の説ですよ~ってことを、まえがきでしっかりと記載しているにもかかわらずっ

甲田博士によると・・、甲田博士が言うには・・、甲田博士が・・、甲田博士の・・、甲田博士・・甲田博士・・甲田博士・・甲田博士・・

最低1ページに1回は甲田博士の名前を出してくる

多いとこでは1ページに3~4回も甲田博士を連発。

甲田博士は、もう十分すぎるほどわかったってばーー!
しつこーーーーーい!!


・・となってしまった。。。

気にならない人には、気にならないけど、
気になる私には、うんざりするほど気になるんだよぉ。

今度は、甲田光雄さん自身が書いた本を読もうと思う。。。



おいしい物はたくさん食べたい。

おいしくても体に悪い物もたくさんある。。。

そして体に悪いものは美味しい。。。


おいしい物は悪いんだよ~・・
00086.jpg

・・・このくらいわかりやすくなってもらいたいわ。



ランキングに参加しています。
お手数ですがポチリとお願いします。
  ⇒にほんブログ村 ライフスタイルブログ 40代の生き方へ にほんブログ村
  ⇒人気ブログランキングへ ライフスタイル

摂取カロリーを減らせば寿命がのびる 

  • 2011.08.23 (Tue) 15:34

おサルさんの、摂取カロリーを従来の7割減らしたら、寿命が3倍延びたそうな・・・

マウスでは、平均39ヶ月だった寿命が、56ヶ月になったそうな・・・

スペインの老人病院では、
1800キロカロリーの食事を毎日食べているご老人と、
一日おきに断食をしているご老人を比較検査したところ、
一日おきに断食しているご老人の方が、長生きでボケも少なかったそうな・・・


一日おきに断食・・とまではいかなくても、
とにかく長生きしたけりゃ食べ過ぎるな!・・てことなのね。

空腹療法空腹力に次ぐ、
←空腹健康本、「空腹」療法

一日一回おなかを空かせれば、病気が治る。

食べぎると、消化するために、血液が胃腸に集中して、脳への血液が不足するから、脳が十分に働かなくなる。
「空腹」「少食」は、脳への血液をよくして、働きを促すため、ボケ防止、老化も遅らせる・・・らしいわよ。

お釈迦様は涅槃経の中で、
「一切の疫病は宿食(食いだめ)を本とする。」
といってて・・

孔子は、
「悪衣、悪食を恥ずな。多く食すな。」

ピタゴラスは、
「食べ過ぎほど、恐いものはない。人の病気は過食からくる。なるべく少なく食せよ。しからば、汝の体も丈夫になり、精神も立派になって、病の神も汝をどうすることもできなくなる。」

・・・と言ってる・・らしい・・

こうやって書きながら、自分に言い聞かせてるわたしなのでした・・・汗たら~



ランキングに参加しています。
お手数ですがポチリとお願いします。
  ⇒にほんブログ村 40代の生き方
  ⇒人気ブログランキング ライフスタイル

空腹力 

  • 2011.08.11 (Thu) 23:05

毎日暑い・・・暑くてもちっとも食欲が落ちることがなく、いまだかつて夏バテなんぞしたことのないわたし・・・

夏バテどころか、体重は増量傾向にあり、恐ろしくてここ一か月くらい体重計にも乗ってないわ。

完全に現実逃避ね。。。汗たら~


そんなわたしが身に付けなくてはいけないもの。

これよ!空腹力!
空腹力空腹力を身に付ければ
やせる!若返る!健康になる!んですってよキラキラ

体のすべての不調の原因は血液の汚れである!
血液の汚れは食べ過ぎからくる!
したがって小食を心がければ健康になる!


・・・まぁ簡単にいうとこういうことね。

食べ過ぎると当然大量の消化液が必要となる。
これが続けば消化液は足りなくなり消化不良となる。
そして未消化の老廃物が体に蓄積し血管を汚す。


小食を心がけて老廃物が取り除かれると、血行がよくなり、健康はもちろん美肌にもなる。

実にわかりやすい仕組みだわね。


そこで、作者の石原結實先生がおすすめされているのが半日断食

朝食を抜いて1日2食とする健康法。
1日1回はお腹を空かせて老廃物を取り除き、血液をキレイにしましょう・・・ということなのね。


よく朝食を抜いてはいけない・・・と言う方がいる。
体力がでないとか・・集中力がなくなるとか・・

これ、まるっきり根拠のないことらしい。。。

今まで食べていた人が、急に食べなくなると、体が慣れていないために一時的にそういう状態なるなるだけで、体が慣れれば、むしろ状態がよくなるとか。


まぁ確かに・・満腹状態の方が、思考は鈍るし眠くなるし、体も動かしたくなくなるわ。


わたしはもともと朝食は食べてなくて、
そのかわり、ニンジン・リンゴ・グレープフルールジュースを毎日飲んでる。(材料のストックがないときは飲まないが・・)

あと大豆100%のプロテインを飲んでるよ。


何年か前は朝食をしっかり食べていたんだけど、しっかり食べるとお昼になってもお腹が空かない。
空かないけど、一応付き合いもあり昼食を食べる。
お腹すいてないのに食べるから満腹状態で、夜になっても当然お腹は空かない。
空かないけどやっぱり食べる。。。

こんな状態だったから、1日中つねにお腹の中に食べ物が詰まってる感じだったわ。
朝食を食べなくなってからは、適度な空腹感もあって、つねにお腹が重い・・という感じはなくなった。


なくなったけど・・・この本を読んで、
わたしの場合は重大な問題点があるのもわかったわ。

作者の石原先生がすすめする朝食抜き健康法は昼夜は腹八分
とにかく小食を心がけるということ。

朝食を抜いても、その分昼夜たっぷり食べてたら意味ないそうで・・・そりゃそうだわよね。

わたしは、昼夜満腹&お菓子は食べ放題・・・まったくもって意味ないわ。。。汗たら~


まぁそいでも・・・1日中腹の中に物が詰まってるよりも、1日1回でも空っぽ時間を作っておくのはいいことかもしれない・・・(?)


・・・じゃなくって腹八分にしろよ!って話なんだけどね

相変わらずゆる過ぎるわたしの健康法。。。

健康長生きのため空腹力を身に付けなくちゃだわよ。



ランキングに参加しています。
お手数ですがポチリとお願いします。
  ⇒にほんブログ村 40代の生き方
  ⇒人気ブログランキング ライフスタイル

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。